i-Fishing CH 愛知発信の釣りブログ: 7月 2016

2016年7月27日水曜日

水中撮影用の機材 アクションカメラ

今回は新しい機材を購入したので、その紹介をします。

最近 釣り動画を撮影していますが、主に使っているビデオカメラはソニーのアクションカムHDR-AZ1。
ハウジングなしで防滴機能が付いていて、さらにサイズがコンパクトで軽いので釣り動画の撮影には重宝しています。

しかし、先日タコ釣りに行ったときにある欲求が生まれてしまいました。
それは「海の中を撮影したい!」です。
タコがテンヤに乗ってくる姿とか見れたら面白くないですか?

よって、アクションカムを海に沈めてみようかと思いましたが、ここで問題が。

  • HDR-AZ1はハウジングのレンズ部分が曲面になっており、水中でピントが合わない。
  • HDR-AZ1はまぁまぁ高価なので、水没や紛失のリスクは負いたくない。

以上の2点から、新しいカメラを買うことにしました。
その条件は以下の3点。
  • 水中がきれいに撮れるような、レンズ部分が平面のハウジング付きである。
  • 1万円以下の値段
  • それなりの動画が撮影できる事(1080の撮影は必須)
インターネットを調べてみると、 いやぁーたくさんありますね、GoProもどきみたいなアクションカメラが。
中華カムとか言うのかな。
ソニーやGoProに比べて1/4以下の値段でそれなりのスペックのアクションカメラがたくさん出ています。 知らなかったぁ。

その中から、先ほどの条件に合うカメラを見ていると、「MUSON(ムスン)」というメーカーのアクションカメラがすごく安い割に評価も高かったので、ポチってみることにしました。

さっそく届きました。
見てください、外観はまぁまぁしっかりしてます。及第点ですね。
開けてみると、こんな感じ。
カメラ本体と、色々なアクセサリが付いています。これで6,000円を切る価格で売っているのだからびっくり。
アクセサリを広げてみると
うれしいのが、説明書が日本語なんですね。
中国語だと分かりませんので…。よかった!こういったところはポイント高いよMUSONさん!
本体は

こんな感じで、触った感じも 作りは悪くないと思えるレベル。USBは勿論のこと、HDMIもついています。
ただ、このアクションカメラの注意点は、MicroSDを32Gまでしか認識できないという点です。
最近は64Gも安くなり、カメラには64G以上を使う人も多いかと思いますが、このカメラは32Gまでしか使えないので注意してください。

あと、好みの問題かと思いますが、充電中や撮影中などをお知らせしてくれるランプがちょっと光り過ぎ。眩しいくらいです。。。 このあたりが中国製っぽいですね^^;
ハウジングに入れた姿。Goproにそっくりですね。遠目に見たら区別付きません(汗)


この値段とクオリティなら、水中撮影も なんだか行けそうな気がします。(笑)
水中撮影したらまた報告します。



2016年7月23日土曜日

浜名湖でボート釣りしたらタコ爆釣!!(2/2)

2016年7月某日 今年の浜名湖はタコの当たり年という不確かな情報を聞き、確かめずに行ってしまうのですが・・・。

朝の5時から釣り始めるも、午前中は一緒に行ったカエルおじさんが外道を爆釣するだけ。タコの姿は見ることができませんでした。う~ん、周りの船ではちらほらタコが揚がっている様子。
全然釣れないのはなぜだー!? と自分の腕を棚に上げ悩み抜いた末、時間が悪かったとの結論から、一旦車に戻って仮眠。
1時間ほど仮眠した後、10時頃になったのでコンビニで早めの昼食を買って食べたのち、11時からリベンジ!!

浜名湖にGo!

1時間くらい色々な場所を攻めてみるも、午前中と同じくカエルおじさんが外道を釣るだけ。。。
なんか嫌な予感がしてきたなぁと思っていると、遂に竿にズシーとしたアタリが!!!
「これはっ!」と思いリールを巻くと、、、 ついにタコの姿が!!

すごくロッドが曲がってます。 大物の予感。

大きなマダコです。やったね!

タコって顔が怖いですね…。 

その後、次の一投で連続ヒット! 小物ではありましたがすぐに釣れました。
時合なのか流している場所が良いのか分かりませんが、午前中この辺も何度か流したはずなので色々な要素が関係してるんでしょうね。


2匹目のタコ。 サイズは小ぶりですが ある意味食べごろでOK。

そして、奇跡が起きます。 次の一投でまたヒット!今度はまぁまぁのサイズ。

結局、釣れた時は三投で3杯のタコが釣れました。 仕掛けは午前中も使っていた15号のタコテンヤなので、時間の関係だったのでしょうか。

浜名湖は流れが速いので、潮止まり以外はタコは流されないように海底にへばり付き あまり積極的には捕食しないそうなので、時間(=潮の速さ)の関係だったんですかね。

3杯釣ったところで、曇りだった天気が晴天に…。 あまりの暑さに撤収することにしました。
初の釣行で目的のタコが3杯釣れたのOKとします(笑)

2016年7月20日水曜日

浜名湖でボート釣りしたらタコ爆釣!!(1/2)

2016年7月某日 今年の浜名湖はタコの当たり年という不確かな情報を聞き、確かめずに行ってしまうのですが。^^;

前日レンタルボート屋さんに電話したら、「タコは潮止まりしか釣れないよ。だから朝の4時頃に来ないとダメだよ」という、過酷なアドバイスをいただき、迷った結果その時間に行くことに。
そして、多少の遅刻もあり結局AM5時に現地到着(想定内)

遅刻した事と、準備に時間が掛かった事もあり、出船する頃には既に潮止まりの時間を過ぎ既にかなりの速さで流れはじめていました…。















確かに潮がすごく速い。まるで川のようです。上の写真は浜名湖に掛かっている橋の下から撮影したものですが、右側から左側へ凄く速い流れがあります。
潮止まり付近でこの速さだと、通常の時間はタコも捕食しずらいですね。


浜名湖に掛かっている橋の下をくぐりながら、ポイントへ移動します。
まずは3番航路(澪)付近で流すことに。

しかし、既に潮が流れだしたからか、場所が悪いのか、腕が悪いのか(コレ)?
全然タコの反応がありません。。。
その横では、同行者のカエルおじさんは、エサで各種外道をバンバン釣っていくではないですか!


























ベラ・フグ・チャリコ 写真にはありませんが、キュウセンやトラギスなど、一通りの外道を釣っていました。(一応 シロギスも釣れてましたね)

う~ん困った…。「タコ好調じゃなかったのかよ!」と他人のせいにしながら、一旦ボート屋に戻って作戦会議という名の仮眠休憩。


~後編に続く~

2016年7月6日水曜日

Newリール購入16 STRADIC CI4+

2016年7月某日 新しいスピニングリールを購入!

買ったリールはシマノの16 STRADIC CI4+ 2500S(ストラディック)
6月に発売されたばかりのNewモデルです。

昨年に15 STRADICを発売したばかりのシマノですが、翌年にはCI4+版の発売とはっ!?
その軽さと外見に魅せられて、つい買ってしまいました。^^;



一応ですが、簡単なスペックはというと、以下の通りです。

・ギア比:5.0
・実用ドラグ力/最大ドラグ力(kg):2.5/4.0
・自重(g):185
・「HAGANE」ギア
・X-SHIP
・AR-Cスプール
・NEW マグナムライトローター
・コアプロテクト
・Gフリーボディ
・S A-RB


やはりなんといってもCI4+による185gが素晴らしい!
私はリールに求めるモノの中で「軽さ」は非常に重要と考えています。
特に、エギングやアジングなどは、投げては巻いたりしゃくったりと、魚が掛かっていない時間のほうが圧倒的に長い訳で。。。 特にへっぽこアングラーの私はそれが顕著です。
よって、魚が掛かった後のことより、その前の行為に重点を置くと、やはり軽さは大事なんです。

また、色々な方のHPを見ていると、D社のザイ○ンと比較してCI4+は全然ダメという意見も多いですが、私は実際に他のCI4+リールを使っていますが、その強度不足を感じたことは無いです。
というか、魚が掛かる事が少ないので、CI4+で充分(笑)

あと、やっぱり外観がかっこいい!! 釣り道具って機能も当然大事ですが、見た目のフィーリングもすごく大事ですよね。
(個人的に最近のD社のリールは外見が好きになれないです。)




今週末は新たな相棒を引き連れどこに行こうか画策中です。