i-Fishing CH 愛知発信の釣りブログ: MUSON C1 アクションカメラで水中撮影の準備

2016年8月30日火曜日

MUSON C1 アクションカメラで水中撮影の準備

水中動画を取りたくて安価なアクションカメラを購入しましたが、今回はその撮影準備とテスト撮影についてです。


まず、水中動画を撮る主な目的は、以下の2つです。
① 釣り場の水中の状況を見てみたい。
② 魚が掛かるところを見たい。

①はカメラに紐をつけて海に沈めれば問題ないのですが、それだけでは②を達成するには不十分です。
そこで、以下のようなモノを買ってきました。

左から、(A)ゴム製ワッシャー,(B)ステンレスプレート,(C)カメラ固定ネジ です。
AとBは近所のホームセンターで、Cはネットで注文しました。
これを以下の写真のようにセッティングします。


そして、ステンレスプレートの両端にサルカンをつけて竿先にセットします。
仕掛けの中間にセットし、上から下を見るようにしてもいいし、仕掛けの一番下につけて下から上を見るようなアングルも可能です。
流し釣りの場合は中間にセット、船からの同付き仕掛けの場合は下にセットする。といった使い方を想定しています。

そして実際にテスト撮影してみました。
場所は浜名湖です。





どうでしょうか、まぁまぁ綺麗に撮れてませんか? 写真でも砂地に岩が点在しているところや、小石が敷かれたようなところがあることが分かります。
ここでは実際にキスやタコが釣れました。こうして見ると釣れる魚種とロケーションの関係性も具体的にイメージできます。
また、映像は臨場感もまずまずで、動画としても面白いです。


今回はテスト撮影ということで、釣りの仕掛けと一緒につけるのではなく、ルアーの代わりにカメラをつけて水中に沈めるだけのものでした。
今後はどんどん撮影の場所を広げていき、魚が針に掛かる瞬間を映したいですね。




0 件のコメント:

コメントを投稿