i-Fishing CH 愛知発信の釣りブログ: 2月 2017

2017年2月12日日曜日

ステンレス製ダッチオーブンを10分の1のコストで手に入れる!

久しぶりの投稿です。
冬は寒いので釣り行く機会が減ってしまい、他のことをやって楽しんでいます。

今日はアウトドア料理の必須アイテム(?)の1つであるダッチオーブンのお話です。
ダッチオーブンというと鋳鉄製のイメージが強いですが、鉄はどうしても手入れが大変で、すぐに錆びてしまうという欠点があります。
私も鋳鉄製のダッチーブンを持っていたのですが、手入れ不足で錆びさせてしまった経験があります。。。orz

しかし、その欠点を解消してくれるのが「ステンレス製ダッチオーブン」です!!
ダッチオーブンの機能はほぼそのままに、使い勝手は家庭の鍋と同じで、ダッチオーブン初心者でも安心して使うことができるという優れものです。
ただ、このステンレス製ダッチオーブンは少々値段が高いのが欠点で、10インチのもので凡そ2万円します。















「2万か~。 年に数回しか使わないしなぁ~」と悩んでいたら、見つけました 安く手に入れる方法をっ!! 
それは今流行の「ふるさと納税」です。
2017年1月現在、新潟の三条市と長野の駒ケ根市で返礼品としてステンレス製ダッチオーブンを出しています。
ふるさと納税なら自己負担金の2,000円以外は税金の控除などで戻ってきますので、すぐに申し込みました。

私が申し込みしたのは三条市です。ここは30,000円の寄付で双葉工業製のダッチオーブンが送られます。個人的にモノづくりの町である三条市を応援したい気持ちがあり、こちらの市に寄付することに決めました。
















寄付をすると1週間以内に届きました。つくりは非常によく満足しています。
暖かくなったらアウトドアでこのダッチオーブンを使って何を作ろうかと悩み中です。

(注意)
この記事の内容は2017年1月時点の情報です。各市町村のふるさと納税の返礼品が変更されている場合がありますので、ご自分でご確認ください。
また、ふるさと納税の寄附金の額に上限はなくいくらでも寄附することができますが、自己負担金が下限である2,000円に抑えられる金額には実質的な上限があります。この上限がいくらであるのかは、所得や家族構成、他の税額控除の有無などで異なるため、個別に計算する必要があります。
あくまでこの記事は参考としてください。